ぱぱハウジング

注文住宅の家づくりを考え始めた方のお悩みを、「業界関係者」「家づくりの先輩」目線で解決するブログです。

土地探しで失敗しないための5つのコツ

f:id:itoht12:20180615120259j:plain

「どうすれば良い土地に出会えるのかわからない」

 

注文住宅購入を検討しはじめいざ土地を探し始めると、こういった悩みを抱える方も多いかと思います。

私もどうやったら失敗しない土地探しを出来るのか非常に悩みました

結果6ヶ月も土地を探し続けました(笑)

 

今回の記事では、私の体験も踏まえて土地探しで失敗しないための5つのコツをご紹介します。

 

 

ライフプランニングで総予算を出す

失敗しない土地探しのためには、ライフプランニングが非常に重要になります。

 

ライフプランニングをすることで、家づくりの総予算が見えてきます。

総予算が見えれば、

「土地にいくらくらいお金をかけられるのか?」

「この土地を買ったら建物にかけられるお金はどれくらいになるか」

が明確に見えてきます。

 

逆にライフプランニングをしないと、いくらの土地を買っていいかわかりません。

土地探しの指標があいまいで、長引いてしまう要因になります。

 

土地を探す際には、ライフプランニングをしっかりと行いましょう。

  

土地の条件に優先順位を付ける

良い土地を見つけるには、「自分が土地に何を求めるのか?」を明確にして優先順位を付けることが重要です。

 

土地探しにおいて、100点満点の土地に出会えることはまずありません。

何かしらで妥協しなければいけない点が出てきます。

その際に、要望の優先順位が決まっていないと土地が決まりません。

 

条件の優先順位を付けるためには

・土地に求める要望を紙に書き出す

・何が譲れなくて何が妥協できるのか自分の中で整理する

工程を踏むと、整理しやすくなります。

 

不動産屋に行く

土地探しはインターネット上でも行うことが出来ますが、個人的には不動産屋に行ってみることをおすすめします。

 

不動産屋さんによってどの媒体に広告を出すかは異なります。

Aのサイトには掲載されている土地がBのサイトには登録されていなかったり、契約済みの土地が掲載されている場合も多くあります。

 

不動産屋に直接行けば、REINS(不動産業者間で利用されるコンピューターネットワークシステム)で条件に合う土地を探してもらうことが出来ます。

また、ネット上ではわかりにくい上下水道の引き込み有無などの情報も教えてもらうことが出来るので、土地以外の費用も含めて予算内の土地を紹介してもらうことが出来ます。

 

不動産屋によって紹介したい物件が異なることもあるので、出来れば複数の不動産屋を回るようにしましょう。

 

土地を見に行く

気になる土地が見つかったら必ずその土地を見に行きましょう。

周辺の状況は実際に行ってみないとわかりません。

 

不動産屋を同行して土地を見に行くのはもちろんですが、可能であれば自分たちだけでも土地を見に行ってみましょう。

心置きなくその土地や周辺を見ることが出来るので、不動産屋と行ったときに見られなかった情報を見ることが出来ます。

 

可能であれば

  • 平日と休日
  • 朝、昼、夜
  • 天気のいい日と悪い日

などを見比べると良いかと思います。

学校近くなど、砂埃が気になるような土地であれば風の強い日にも土地を見に行ってみましょう。

 

周辺の状況を確認する

失敗しない土地探しをするには、周辺にどのような人が住んでいるのか事前に確認することも大事です。

周辺の状況は不動産屋が知っていることも多いので、臆することなく聞いてみましょう。

周辺に同年代の子供がいるか気になるという方は近くの公園で子供と遊んでみるのもおすすめです。

 

さいごに

注文住宅は建ててしまったら環境を変えることは難しいです。

失敗しないためにコツを抑えておくことは非常に重要です。

これから土地を探す方はぜひ参考にしてください。