ぱぱハウジング

注文住宅の家づくりを考え始めた方のお悩みを、「業界関係者」「家づくりの先輩」目線で解決するブログです。

注文住宅の土地購入価格を抑えるための3つの方法

 

注文住宅の土地探しの際「できれば安く土地を買いたい」と思う人が多いかと思います。

自分が土地を購入した経験や様々な書籍を見ていると、土地を安く購入するためには3つの方法があります。

実際、私も当初表示価格より100万円以上安く購入することが出来ました。

 

今回の記事では、注文住宅の土地購入価格を抑えるための3つの方法をご紹介します。


売主から直接購入する

土地は、基本的に売主がいて、売主と買主を不動産屋が仲介する形で売買されます。

不動産屋が仲介して売買する場合、不動産屋には仲介手数料を払う必要があります。

ですが時々、不動産屋が直接売主となっている土地があります。

分譲地などに多いのですが、この場合には不動産屋が直接売主なので仲介手数料が発生しません。

こういう土地を見かけたらチャンスです。

 

仲介手数料の価格は(不動産価格の3%+6万円)×消費税が最大かかります。

まれに仲介手数料を値引いてくれる不動産屋もありますが、一般的には最大価格で仲介手数料は請求されます。

仮に1,000万円の土地を購入する場合、仲介手数料は約40万円にもなります。

40万あれば

  • 坪単価40万の建築会社で一坪分建物を大きくできる
  • お風呂などの住宅設備をグレードアップできる
  • 床暖房を入れたりできる

といった建物の部分に多くのお金をかけられるようになります。

注文住宅の家づくりは何千万という買い物をするので感覚がマヒしがちですが、数十万円という金額はかなり大きなお金です。

安く土地を購入したいのであれば、必ず「誰が売主か?」は意識するようにしましょう。

値引き交渉をしてみる

「値引き交渉はあんまり得意じゃない」という人もいますが、土地の売買の場合には意外と値引き交渉すると値引きに応じてくれる場合があります。

 

土地の売主はなるべく高く土地を売りたいと思っている一方で、なるべく早く土地を売りたいと思っている場合もあります。

現在の価格で問い合わせが少ないのであれば、値引きしてでも売ってしまいたいという売主も意外と多くいるのです。

なので、値引き交渉をして実際に売買価格が下がることは結構あります。

 

問い合わせが多い物件ではなかなか値下げには応じて貰えないが、ダメ元で値下げ交渉してみるのは非常に有効かと思います。

粘り強く待つ

最後の方法は土地の値段が下がるまで粘ることです。

とはいっても個人的にこの方法はあまりオススメしません。

 

売主にとって、土地が売れずに残っていることはあまりいいことではありません。

引き合いが無かったりお客さんの反応が薄い場合には値段の見直しを行います。

この値段の見直しを待つというのが最後のやり方です。

 

ただし、土地の価格がいつ下がるのかは全く持ってわかりませんし、最悪の場合には先に土地が売れてしまう場合もあります。

土地価格が下がるまで待つよりは、自分から価格交渉をして値引きを引き出す方がオススメです。

さいごに

繰り返しになりますが、土地を安く購入するには

  • 売主から直接購入する
  • 値引き交渉をしてみる
  • 粘り強く待つ

という方法があります。

ただし、土地を安く購入することを意識するあまり時間を掛けすぎると、気に入った土地が先に売れてしまう場合もあります。

気に入った土地を見つけたら、

  1. 素早く売主を見つける
  2. 価格交渉をしてみる

というのが土地を安く購入するための正攻法です。