ぱぱハウジング

注文住宅の家づくりを考え始めた方のお悩みを、「業界関係者」「家づくりの先輩」目線で解決するブログです。

「とりあえずモデルハウス」はダメ!注文住宅の家づくり失敗談

f:id:itoht12:20180626111918j:plain

注文住宅で家づくりを検討し始めたばかりの頃は、何から始めていいかわからないと思います。

 

「とりあえずモデルハウスに行ってみる」という人も多いのではないでしょうか?

 

私もそんなことを考えた一人でした。

しかし、とりあえずモデルハウスに行ってみた結果、、、

 

家づくりが半年間まったく進まなくなりました。

 

今回の記事では、我が家の注文住宅の家づくりで起きた失敗談をご紹介します。

 

 

我が家の失敗談

とりあえずモデルハウスに行ってみた

注文住宅での家づくりを始めた当初、何から始めていいか全くわかっていなかった我が家。

そこで目に入ったのは住宅展示場のチラシでした。

 

何やら子供が喜びそうなイベントが開催されており、

「子供も喜ぶし家づくりも進むだろう」

ということで住宅展示場に行くことにしました。

 

何となく「無理に売り込まれるんじゃないかな?」と思い緊張しつつも、外観が気になった某ハウスメーカーのモデルハウスに入ってみました。

出迎えてくれたのは感じのいい男性営業マン。

家づくりを検討し始めて何を見ていいかわからない私たちに、営業マンは丁寧にモデルハウスの内部を説明してくれました。

と言っても何を見ていいかわからないため、サッパリ頭に入ってきませんでしたが。。。

 

ひと通りモデルハウス内部を見学した後でリビングスペースに通されて着座面談。

ここからが我が家の地獄の始まりでした。。。

初めて行ったモデルハウスで2時間軟禁

営業マンは

  • 我が家の家づくりを検討し始めた経緯
  • 現在の進捗状況
  • 家族構成
  • 年収
  • 勤続年数

などを質問をしてきて、それに対して丁寧に回答してくれます。

 

しかし、いかんせん話が終わりません。

 

質問もいろいろしてくれるのですが、家づくりを何となく検討し始めた我が家には

  • 家に対するこだわり
  • 土地に対するこだわり
  • どんな暮らしをしたいのか
  • 何を重要視して建築会社を選んでいるか?

を聞かれても答えがありません。

 

何か聞かれると、その度に夫婦の間で「どうだろう?」と話し合いが行われます。

 

そんな話が延々と続き、気が付けば面談が始まってから既に2時間が経過していました。。。

子供が騒ぎ打ち合わせもしばしば中断

更に追い打ちをかけたのが子供たち。

 

モデルハウスにある誰が口に入れたかもわからないおもちゃたちを口に入れ、

「おしっこしたい」

「ウンチしたい」

とたびたび打ち合わせが中断しました。

 

打ち合わせが再開しても、子供たちの動向が気になり全く説明に入らず。。。

 

子供たちを気にしながらの面談は、かなり大人たちの神経をすり減らしました。

終わったころには大人たちはぐったり

結果としてモデルハウスにいた時間は計3時間。

入ったころには賑やかだった住宅展示場も人気が無くなっていました。

 

子供たちは大遊びできて大はしゃぎでしたが、大人たちはぐったり。

帰ってから食事を作る気力もなく、その日は丸亀製麺で細々とうどんを食べて帰りました。

その後半年間家づくりが進まない

その後の我が家の家づくりですが、、、

 

半年間なにも進みませんでした。

 

モデルハウスで3時間も面談したことで、モデルハウスのチラシを見るのも嫌になる日々。

いつしか家づくりのことを考えることをやめてしまいました。

 

ようやく家づくりのことを考え始められるようになったのは、最初のモデルハウス見学から半年後。

6ヶ月もの間、家づくりの検討が停滞しました。

「とりあえずモデルハウス」はダメ!

これから注文住宅で家づくりを検討するという方は、「とりあえずモデルハウスに行く」というのはやめましょう。

我が家のようにモデルハウス見学するだけで疲れてしまい、最悪の場合家づくりのことを考えるのも嫌になってしまう可能性があります。

家づくりを考え始めたらまずやるべきは「情報収集」

結婚式を挙げることが決まったら、多くの人は「ゼクシィ」を買いますよね?

注文住宅の家づくりも同じです。

家づくりをすることが決まったら、まず初めにやることは情報収集です。

厳密には、情報収集より先に親へ報告したほうがいいというのが持論ですがw

 

  • 世の中にはどんな建築会社があるのか?
  • どんな間取りがあるのか?
  • 自分はどんな暮らしに憧れるのか?

といったことを情報収集しながら整理していきましょう。

そうすれば、おのずと自分のこだわりが見えてくると思います。

気になる建築会社の情報は資料請求で

こだわりが見えてきても、やはりいきなりモデルハウスに行くのはオススメ出来ません。

モデルハウス見学には時間がかかりますし、下手な営業さんにあたるとその建築会社の魅力が全く伝わらない場合もあります。

 

では気になる建築会社が見つかったらどうすればいいか?

気になる建築会社が見つかったら、まずは資料請求をしてみるのがオススメです。

 

資料請求をすることで、その建築会社からひと通りの資料を取り寄せることが出来ます。

資料の中にはその建築会社のコンセプトや大事にしている部分、強みなどが掲載されているので、建築会社を選ぶ際の参考になります。

オススメは「タウンライフ家づくり」

資料請求は各社HPから行えるほか、資料請求を一括で行えるサービスも存在します。

 

その中で一番オススメは「タウンライフ家づくり」というサービスです。

 

 

タウンライフ家づくりは、全国600社以上の建築会社が登録している無料資料一括請求サービスです。

建築希望地を選択することで、その地域で建築できる建築会社に資料を請求することが出来ます。

更に、細かい要望を建築会社に伝えることができ、間取り提案・資金計画・土地探しも併せて依頼することが出来ます。

 

細かい要望を伝えておくことで、実際モデルハウスに行く際にも打ち合わせ時間をかなり短縮することが出来ます。

資料を請求するのであれば「タウンライフ家づくり」を利用しましょう。

 

無料一括資料請求サービス「タウンライフ家づくり」をおすすめする3つの理由 - ぱぱハウジング 

さいごに

注文住宅の家づくりを考えはじめると一番に思いつくのが「モデルハウスに行く」事だと思います。

 

ですが、何も準備しないでモデルハウスに行くと痛い目に遭う可能性があります。

 

まずは情報誌などで情報をしっかりと収集しましょう。

そして、こだわりや気になる点が明確になってきてから建築会社に資料請求をかけてみましょう。

それらの工程を踏んでからモデルハウスへ行くようにすると、失敗しない家づくりが出来ると思います。