ぱぱハウジング

注文住宅の家づくりを考え始めた方のお悩みを、「業界関係者」「家づくりの先輩」目線で解決するブログです。

注文住宅購入の第一歩!住宅購入にライフプランニングが重要な理由

f:id:itoht12:20180615115527j:plain

「注文住宅の購入をするのに何から始めたらいいんだろう?」

 

注文住宅購入を検討し始めたばかりの人の中には、こういった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか?

 

注文住宅を購入するにあたっては

  • 建築会社を決める
  • 土地を探す
  • 住宅ローンを検討する

など、色々とやらなければいけないことが多いですが、一番初めにやっていただきたいのはライフプランニングです。

 

今回の記事では、注文住宅購入においてライフプランニングがなぜ重要なのか?についてご紹介します。

 

 

ライフプランニングは人生設計をすること

 

ライフプランニングとは、文字通りライフ(人生)をプランニング(設計)することです。

  • 将来の家族構成はどのようになるのか?
  • 自分が何歳の時に子供の入園・卒業があるのか?
  • 自分が何歳で仕事を辞めるのか?

といった人生の大きなライフイベントから

  • いくつで昇給するのか?
  • どれくらいの頻度で旅行に行くのか?
  • いつ車を買い替えるのか?

といった細かな人生設計

  • 退職金の目途
  • 月々の家計の支出予定

といった収支計画を基に、将来どのようなことが起こり、自分の人生にいくらお金がかかるのかを計画していきます。

 

ライフプランニング=予算決め

 

ライフプランニングが重要なのは、ライフプランが決まる=家の総予算が決まるからです。

 

ライフプランが決まると、人生の収支見込みが分かるため、月々どれくらいの支出なら将来的に見て住宅ローンの返済などの支出が負担にならないかが見えてきます。

そこから逆算すると、必然的に家にかけられるお金がいくらなのかが見えてきます。

家にかけられるお金が見えてくると、住宅ローンをいくらまで借りて大丈夫かが見えてきますし、土地、建物にいくらかけられるのかの計算も出来ます。

お金の話が現実的になることで、マイホーム計画が一気に進むことになります。

 

逆にライフプランニングをしっかりしないと、自分の許容範囲を超えた住宅を購入してしまう原因になります。

将来的に月々の住宅ローン返済負担が大きくなり、最悪の場合は家を手放さなければいけないような事態になることも考えられるため、ライフプランニングは事前にしっかり行いましょう。

 

ライフプランニングはFPに相談しよう

 

ライフプランニングにはFP(ファイナンシャルプランナー)の専門的な知識が必要です。

独学で出来なくもないですが、精度を考えるとFPに相談する方が安心です。

 

身近にFPの資格を持つ方がいれば、その方にライフプランニングのご相談をするのがいいかと思います。

保険を取り扱っている方の中にはFPの資格を持っている方も多いので、保険を契約している方は保険会社に相談してみましょう。

どうしても相談先がいないという場合には、FPを紹介してもらうことが出来る生命保険どっとコムというサービスがあります。

保険の見直しと共にライフプランニングも行ってもらうことが出来るので、相談先が無い方はお試しください。

 

さいごに

建築会社や不動産会社の営業マンの中には、現在の年収だけで住宅ローンの借入金額を算出しようとする方も多くいます。

ですが、将来的に負担にならない住宅ローン金額はいくらかを見極めるにはライフプランニングが重要です。

 

自分の将来を設計するのは難しいと思われがちですが、FPの方と一緒に考えればそこまで難しいことではありません。

 

ライフプランニングを行うことでマイホーム計画が大きく前進するので、何から始めていいかわからないという方は試してみて下さい。